読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パン焼き

life usa

アメリカのキッチンにはたいていオーブンが付いている。オーブンが付いているのであれば使うのも道理の一つであろうと思い、最近はパン焼きなどを嗜んでいる。 たしなむと言っても、面倒なことはしておらず、基本はこの捏ねないパンのレシピで、混ぜて放置して整形して焼いているくらい。

http://zerogomiamerica.blogspot.com/2014/02/blog-post_22.html

粉をふるうこともしなくて、気をつけてるのはドライイーストを水で溶いて使ってることくらい。プラスチックの米びつが家にあって、2次発酵のときの乾燥防止に役立っている。

捏ねないパンだと放っておくだけでいいのと、発酵に失敗するケースが少ないので良い。 当初はイースト菌とベーキングパウダーの区別がついてなくてベーキングパウダーを入れて発酵しないとか、イースト菌を80℃くらいのお湯で溶いてしまいイースト菌死滅で発酵しないとかあったけど、それ以降は必ずよく膨らんでくれる。

長時間発酵だと小麦の味をおいしく感じる。

f:id:shrkw:20150129232022j:plain

チョコチップやウォールナッツを入れたりする。

f:id:shrkw:20141226143431j:plain

バナナパウンドケーキは日本にいたころからたまに焼いていた。

f:id:shrkw:20141130103432j:plain

カルボナーラで卵の白身が余ったので焼いたシフォンケーキ

f:id:shrkw:20141227185215j:plain

ルクルーゼで焼いてパンドカンパーニュぽいのを期待したけどきれいなエッジが立たなかった。

f:id:shrkw:20150202164753j:plain

f:id:shrkw:20150202173658j:plain

f:id:shrkw:20150202173905j:plain