読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USL-5PをDebian化してsambaサーバーにする その3

Tech device

ようやくここまでできた。希望した通り、MacからでもWinからでもそのままのクライアントで文字化けしないで扱えるのがありがたい。ファイル名の文字数の制限もないし。
やっとTimeMachineの設定にいけそう。

インストール

適当に。

apt-get install samba
apt-get install swat

ユーザー作成

usl-5p:/home/landisk# useradd shrkw
usl-5p:/home/landisk# smbpasswd -a shrkw
usl-5p:/home/landisk# mkdir /home/shrkw
usl-5p:/home/landisk# chown shrkw:users /home/shrkw/

smb.confを編集

swatでもできるっぽいけどswatからだとwriteableの設定方法がよくわからなかったので、http://www.ospn.jp/osc2009-sendai/samba.pdfを参考に手で編集。

# Global parameters
[global]
dos charset= CP932
unixcharset= UTF-8
workgroup = HOME
oslevel = 1

        log file = /var/log/samba/log.%m
        max log size = 1000
        dns proxy = No
        panic action = /usr/share/samba/panic-action %d
        invalid users = root

[homes]
        comment = Home Directories
        writeable = Yes
        browseable = No

[share]
        path = /var/samba
        writeable = Yes
        guest ok = Yes

できたー。